悩めるサーファーの皆さまへ

  • HOME
  • 悩めるサーファーの皆さまへ

サーフィンはとても魅力的なスポーツです

● 初めて波の上に立った瞬間の気持ち良さを覚えていますか?
● 今まで最高のライディングを覚えていますか?
● これからどんな素晴らしい波に出会えるかワクワクしていますか?


Q.サーフィンって実際どれだけ魅力があるのですか?

A.
例えば湘南では真冬でも波があると、多くのサーファーが日の出から日没までサーフィンを楽しんでいます。
自然と一体となり、一度しかない波に乗る爽快感は、その魅力を味わってしまうと、その魅力から逃れることは難しいのです。

サーフィンをやらない人から見ると、真冬に海に入るなんて信じられないと思います。
真冬に海に入るのは確かに寒いですが、その寒さという欠点を補って余りあるほど大きな魅力がサーフィンにあるために、サーファーは海に入るのです。

海外にサーフトリップに行けば、波待ちをしていたら海亀が足元で泳いでいることに気づいたり、イルカと一緒に波乗りをしたりと、一生の思い出となる経験ができます。
男性女性問わず、初心者からエキスパートまで、サーフィンという共通の趣味を通じて多くの友達ができて、中には結婚をしたりするカップルも沢山います。

サーファーの中には、サーフィンは趣味というものではなく、人生そのものであり、ライフスタイルの中心に置いている人も沢山います。
サーフィンはそれほど魅力があるスポーツです。

サーフィン上達ライドコネクト

Q. サーフィンは難しいスポーツだと聞きますが、実際どう練習したらよいですか?

A.
結論から言うと、簡単ではありません。
サーフィンを開始した年齢や運動神経、バランス感覚、センスなど人それぞれです。

サーファーのブログやQAサイトなどを見てみると、諸説ありますが、上達するには
週に3回程度海に行く必要があるとか、週に1回程度では、なかなか上達しないと書いています。

サーフィンで難しい要素の一つに、基本的に一つの波に1人しか乗ることができないということがあります。
海にはたくさんサーファーがいるため、良い波が来ても、初心者はパドル力が弱いため、サーフィンの上級者に良い波をどんどん乗られてしまいます。
初心者は海に行っても、残念ながらなかなか波に乗るチャンスを掴めないのです。

まずはパドル力を鍛えてサーフィンの基礎体力をつける必要があります。
パドルの筋力は、水泳や筋トレである程度補うことができるという説もありますが、基本的には海に入りパドルを行うことでしか、鍛えることができないと言われています。
初心者はまずは真冬も含め1年間毎週のように海に通い、パドル力を鍛えつつ、サーフィンに適した身体をつくる必要があるのです。
(下のサーファーの写真を見て下さい)サーフィンに適した身体ができてくると徐々に、波に乗る回数や、距離が増えてきます。
一説によるとプロが2時間で50本波に乗れたとしても、初心者は0~1本程度しか海に入ることができないなどと言われています。

サーフィンはとても魅力あるスポーツですが、上達は簡単ではないことがお分かりいただけしたでしょうか?

Q.私はサーフィン初心者・初級者です。こんな悩みを持っています。

● 上達している実感がない
● 的確なアドバイスをもらえる友達が周りにいない
● 何をしたらもっと上達できるのか良くわからない

A.
サーフィン初心者・初級者の練習に最適なライドコネクト
サーフィンは、波が良い日も悪い日もあります。

実際自分のサーフィンが上達することは、実は自分で把握することは難しいという悩みがあります。
こんな悩みを解決する助けをする製品がライドコネクトです。

これまで説明したように、サーフィンをはじめたばかりの初心者が、
いきなり上級者のように上手に波に乗りこなせることになることはまずありません。

毎週のように地道に海に通い、サーフィンに適した身体づくりをしながら、2時間海に入り、
1本乗れたり乗れなかったりする段階があり、少しずつ乗れる回数を増やしながら、上達を図っていきます。
その時に自分のサーフィン上達のバロメーターとしてライドコネクトを活用して下さい。

マラソンランナーが、自分の練習を毎回アプリで記録し、振り返りを実施するように、
サーファーも自分のライディングを振り返り、改善点を把握し自分の上達に活かしてください。

ボードにライドコネクトを装着し、サーフィンが終わってから、自分のアプリで自分のライディングを振り返ることができます。

● 前回よりも波に乗れた回数は増えているのか
● 距離はどのくらい乗ることができたのか
● スピードは出ているのか。

自分は何を改善したらよいのか、アプリに表示される数値を前回までの記録と比較しながら、
自分の課題を発見し、Youtubeの動画などで上級者がどのようなライディングをしているかなどを
比較しながらぜひご自身のサーフィンを上達させて下さい。

ライドコネクトがきっかけとなりあなたのサーフィンが上達し、サーフライフが上達することを心よりお祈りいたします。